FC2ブログ

やる気スイッチ

「やる気スイッチを入れてほしい。」
「どうやったらやる気スイッチが入るの。」

やる気スイッチを切ることは簡単です。

「勉強しなさい。」
「ここが出来ていない。」
と言い続けると、
確実にやる気はなくなります。

たとえばダイエットをしているときに、
「ダイエット中なのに食べるね。」
「カロリー取りすぎ。」
「今日はいつ運動するの。」
といい続けられると、
確実にやる気はなくなるでしょう。

では、
やる気を引き出すには
どうすればいいでしょうか。

一番大切なのは承認です。
子どもの存在を承認すること。
やっていることを承認することです。

できていることを承認してください。
「疲れているのに毎日塾に行ってがんばてるね。」
「たくさん問題解いたね。」
「部活も勉強もがんばってるね。」
「数学がんばったね。」

逆はできなかったことを指摘することです。
「なんでできないの。」
「30分しか勉強してないやん。」
「英語ができてないやん。」

子どもが同じことをしていても、
承認の声かけも、
指摘の声かけもできます。

部活で疲れていて30分勉強したときに、
「がんばってるね。」というのか、
「もっと勉強しなさい。」というのか。

どちらがやる気がでるのか。
やる気の出る承認の声かけをしていきたいものです。

普段の学習での間違え、
ミスを繰り返すこと、
そこから学ぶことが
試験で間違えないために必要です。

普段の学習で間違えることを極端に恐れて、
学習速度の遅い生徒はなかなか伸びません。

学校の宿題や自宅学習で
たくさん間違っているときは、
間違いを承認して
間違いはいいことだということを
子どもたちに伝えてもらえたらと思います。

「失敗は成功のもと」
「間違った数だけできるようになる」
「間違いから学びははじまる」
「やったたくさん間違った。たくさんできるようになるね。」
プロフィール

sofistshingu

Author:sofistshingu
ソフィスト学習塾新宮教室の塾長です。
福岡県新宮町にある学習塾です。
塾のことや学習法、子育てに関する内容を書いていきます。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
  1. 無料アクセス解析